メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

成人の風しん任意予防接種費用助成について

最終更新日:2022年4月1日

 

 風しん( 三日ばしか )は、風しんウイルスによって引き起こされる発疹性感染症で、ヒトからヒトに飛沫感染します。         症状は、特に成人で発症した場合、重症化することがあります。また、風しんに感受性のある妊婦が風しんウイルスに感染すると、出生児が 「先天性風しん症候群」 を発症する可能性があります。

 妊娠中に風しん感染を防ぐには、妊娠前に風しんに対する免疫が十分かどうかを抗体価で調べ、十分免疫がなければ、予防接種を受けることが有効です。(ただし、妊娠中の方は風しんの予防接種を受けることができません。)

 奥出雲町では、風しんの抗体価が低い方への感染予防、先天性風しん症候群の発症予防のため、成人の風しん任意予防接種を受けた方の費用を助成します。


  ●先天性風しん症候群●
 抗体を持たない又は低い抗体価の妊娠中(妊娠20週頃まで)の女性がに感染すると、風しんウイルスに感染すると、胎児にも      感染し、「先天性風しん症候群」(心疾患、難聴、白内障などの障がい)を発症する可能性があります。                ただし、妊娠中の方は風しんの予防接種を受けることができません。妊婦の周りにいる方(妊婦の夫、子ども、その他同居家族        など)は風しんを発症しないように予防しましょう。
 

助成対象者

  奥出雲町に住民票があり、下記のいずれかに該当する方

  ●島根県が実施する風しん抗体検査の判定結果により、風しん単独ワクチンまたは麻しん風しん混合

  ワクチンの予防接種が必要な方

 ●妊婦一般健康診査の際に実施する風しん抗体検査の判定結果により、風しん単独ワクチンまたは

  麻しん風しん混合ワクチンの予防接種が必要な方

   注:風しんの予防接種歴ない方に限ります。

   注:昭和3742日から昭和5441日に生まれた男性は、クーポン券を使った風しん対策事業による定期 予防接種となるので、

   本事業は対象外です。

助成額

   1人1回 予防接種費用額を助成

 

申請方法

   役場仁多庁舎 健康福祉課窓口にて申請

 

申請書類

    領収書原本、抗体検査結果、振込先口座がわかるもの 

 

助成対象期間

  令和4年4月1日~令和5年3月31日

  島根県が実施する抗体検査実施医療機関は、島根県のホームページ又は健康福祉課へお問い合わせください。

 

関連ファイル

   風しん任意予防接種費用助成チラシ(PDF/130KB)  

問い合わせ先

  役場健康福祉課 健康づくり推進G    電話54-2781   有線31-5143

 

このページを見た方はこんなページも見ています

    お問い合わせ

    役場 健康福祉課
    電話番号:0854-54-2511
    FAX番号:0854-54-0051

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページの内容は参考になりましたか?