メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

府県気象情報(2020年12月28日 11時15分)

最終更新日:2020年12月28日

島根県防災メール

●発表日時:2020年12月28日 11:13
●府県気象情報:
気象庁から発表されました。

 西日本の上空約1500メートルには、30日から氷点下12度以下の強い寒気が流れ込むため、1月1日頃にかけて冬型の気圧配置が強まる見込みです。
 このため、島根県では、30日から大雪となるおそれがあります。積雪や路面の凍結による交通障害に十分注意してください。電線や樹木への着雪、なだれに注意してください。また、ビニールハウスは、倒壊のおそれがあるため注意してください。
 島根県では30日から雪を伴った風が強く、海上では風が非常に強く、海上ではしけるでしょう。強風や雪による見通しの悪化、高波に十分注意してください。
 また、上空の寒気が予想以上に強まった場合は、警報級の大雪や暴風雪、高波となる可能性があります。

<雪の予想>
 30日12時から31日12時までに予想される24時間降雪量は、いずれも多い所で、
 東部 平地  10から20センチ
    山沿い 50から70センチ
 西部 平地  10から20センチ
    山沿い 50から70センチ
 隠岐     10から20センチ
その後も降雪が続き、積雪が増える見込みです。

<風の予想>
 30日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
 東部 陸上 15から19メートル(25から35メートル)
    海上 20から24メートル(25から35メートル)
 西部 陸上 15から19メートル(25から35メートル)
    海上 20から24メートル(25から35メートル)
 隠岐 陸上 15から19メートル(20から30メートル)
    海上 20から24メートル(25から35メートル)
その後も風が強い見込みです。

<波の予想>
 30日に予想される波の高さ
 東部 5メートル
 西部 5メートル
 隠岐 5メートル
その後もしける見込みです。

<防災事項>
 積雪や路面の凍結による交通障害、電線や樹木への着雪、なだれ、強風、雪による見通しの悪化、高波、落雷、突風、農作物や農業施設の管理
 
 今後発表する警報、注意報、気象情報に留意してください。

 この情報は「強い冬型の気圧配置に関する島根県気象情報」を引き継ぐものです。

 次の「大雪と風雪及び高波に関する島根県気象情報」は、28日17時頃に発表する予定です。

気象庁:
https://www.jma.go.jp/jp/kishojoho/337_index.html

防災ポータル:
https://www.bousai-shimane.jp/
注: スマートフォン・タブレット・PCの方はこちら
http://www.bousai-shimane.jp/FP
注: ガラケーの方はこちら

このページを見た方はこんなページも見ています

    お問い合わせ

    役場 総務課 防災管財グループ
    電話番号:0854-54-2505
    FAX番号:0854-54-1229

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページの内容は参考になりましたか?