メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

【奥出雲の農業遺産】「鉄穴流し関連の耕地分布図」の作成について

最終更新日:2020年12月28日

奥出雲町農業遺産推進協議会

 

 この度、世界農業遺産への認定申請に向けて、砂鉄採取跡地を耕地にした箇所を示すため、奥出雲町の現在の農地をもとに、

(1)砂鉄鉱山跡地の耕地

(2)砂鉄採取後の土砂流し込みと推定される耕地

(3)その他の耕地

 に区分した耕地分布図を作成しました。

 圃場整備前の空中写真や地名、史料、現地踏査による確認などをもとに図示しました。「鉱山跡地の耕地」及び「土砂流し込みによる耕地」の合計面積は1,288ha、町全体の耕地面積の約55%を占めています。

 奥出雲の棚田風景とかつての鉄穴流しの歴史を重ね合わせると、普段見ている景色が違ったものに見えるかもしれません。私たちが暮らす奥出雲の棚田、たたら製鉄の歴史や農地の成り立ちを知る機会として、参考にしてみてください。

 

鉄穴流し関連の耕地分布図(PDF/2MB)

 

 

■参考資料 鉄穴流し跡地の農地と地質の関係(PDF/1402KB) 

 

 

このページを見た方はこんなページも見ています

    お問い合わせ

    役場 農林振興課
    電話番号:0854-54-2513
    FAX番号:0854-54-0052

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページの内容は参考になりましたか?