メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

架空料金請求詐欺被害の発生(松江)(2020年09月24日 11時37分)

最終更新日:2020年9月24日

 松江市内の70歳代の男性が、パソコンのウイルス除去名目で、14万円分の電子マネーをだまし取られる詐欺被害が発生しました。
 被害者が、自宅でインターネットを閲覧中、パソコン画面に「表示されている番号に電話をかけないと、パソコンをロックします。」という内容が表示されました。
 被害者が表示された電話番号に連絡したところ、男性からウイルス除去及び今後の対策の手数料として、コンビニで2万8千円分の電子マネーカードを購入するよう指示されました。
 カード購入後も「カードがロックされており、使用できないのでもう一度購入してください。」などと言われ、その都度電子マネーを購入してID番号を伝え、合計14万円をだまし取られたものです。

◆インターネットのウイルスの駆除で電子マネーを購入し、代金の支払いを求められたら詐欺です。絶対に支払わないでください。
◆インターネット中は、広告やリンクを不用意にクリックしないようにしましょう。
◆この手口について詳しくは、島根県警が配信する「コロナ禍でも安全安心動画」をご覧ください。
https://www.pref.shimane.lg.jp/police/01_safety_of_life/anzendouga.html

このページを見た方はこんなページも見ています

    お問い合わせ

    役場 町民課 町民グループ
    電話番号:0854-54-2510
    FAX番号:0854-54-0051

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページの内容は参考になりましたか?