メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

豪雨等の災害時における太陽光発電設備による感電防止等について

最終更新日:2020年7月9日

局地的な豪雨等により、太陽光発電設備の浸水・破損などの被害の発生が懸念されます。太陽光発電設備については、浸水・破損した場合であっても光が当たれば発電し、接近又は接触すると感電する恐れがあります。また、台風の強風などで太陽光発電設備が飛散した場合、周囲の住宅等に被害を及ぼすほか、人身事故を引き起こす可能性もあります。
太陽光発電設備を設置されている方におかれましては、下記チラシの内容をよくご覧いただき、有事の際の参考としてください。

 

 

関連ファイル

AdobeReaderバナー

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページを見た方はこんなページも見ています

    お問い合わせ

    役場 町民課
    電話番号:0854-54-2510
    FAX番号:0854-54-0051

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページの内容は参考になりましたか?