メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

当日選挙に行けない方へ(第25回参議院議員通常選挙)

最終更新日:2019年7月11日

 

第25回参議院議員通常選挙が令和元年7月21日に執行されます。

当日投票に行けない方は、次の方法をご利用ください。

 

(1)期日前投票

投票日以前に投票日と同じように投票できる制度です。                                     投票日に、仕事、旅行、レジャー、冠婚葬祭などの用務があるなど、一定の事由に該当すると見込まれる旨の宣誓書の提出が必要です。 宣誓書は、ページ下部でダウンロードが可能ですが、両会場に用意しております。

<期間>令和元7月5日(金曜日)から7月20日(土曜日)まで

<時間>午前8時30分から午後8時まで

<会場>奥出雲町役場仁多庁舎1階タウンホール

    奥出雲町役場横田庁舎1階町民ギャラリー

 

(2)不在者投票

(1)名簿登録地以外の市区町村選挙管理委員会における不在者投票           

仕事、学業又は冠婚葬祭などの都合で町外に滞在の方が滞在先の市区町村選挙管理委員会で不在者投票ができる制度です。        不在者投票宣誓書兼請求書に必要事項を記入して奥出雲町選挙管理委員会へ郵送してください。宣誓書兼請求書はページ下部でダウンロードできます。請求後に投票用紙を交付します。投票用紙を受領した後、滞在地の選挙管理委員会で投票することができます。

 <不在者投票宣誓書兼請求書>
★投票用紙が届くまでに日数がかかりますので請求書を提出される際、まずは奥出雲町選挙管理委員会へご連絡ください。また、請求書は電子メールまたはFaxによる提出はできませんのでご注意ください。

★投票用紙が投票日当日までに奥出雲町選挙管理委員会へ届く必要があります。投票用紙等が届いたらお早めに投票してください。なお、自宅等で投票用紙を記載すると無効となりますので投票用紙が届いたら開封せず、滞在先の選挙管理委員会へご持参の上、投票してください。

★受付の遅れ等を防ぐため、事前に奥出雲町選挙管理委員会へ連絡をしてください。

(2)病院、老人ホーム等の施設での不在者投票

都道府県選挙管理委員会が指定した病院や老人ホーム等の施設に入院または入所中であれば、その施設内において不在者投票ができる制度です。該当する病院および施設に入院または入所中の人は、病院長や施設長に申し出ることにより、そこで投票することができます。

 (3)郵便等による不在者投票

郵便等による不在者投票は、身体障害者手帳、戦傷病者手帳、介護保険の被保険者証のいずれかをお持ちで、次のような障がいがある方は郵便等投票証明書を選挙管理委員会に申請することで、郵便等による不在者投票ができます。

手帳等の種類

障害の種別等

障害の程度

身体者障害手帳をお持ちの方

両下肢、体幹または移動機能の障害

1級または2級

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸または小腸の障害

1級または3級

免疫、肝臓の障害

1級から3級

戦傷病者手帳をお持ちの方

両下肢または体幹の障害

特別項症から

第2項症まで

心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸または肝臓の障害

特別項症から

第3項症まで

介護保険の被保険者証をお持ちの方

要介護状態区分が「要介護5」の方

★郵便投票証明書(有効期限7年)の交付申請の詳細については、奥出雲町選挙管理委員会までお問い合わせください。

★郵便投票証明書の交付には、日数がかかりますので、早めに申請してください。

★投票用紙等を請求できるのは、選挙の期日前4日までですので、早めの手続きをお願いします。

 

<お問い合わせ先>

 奥出雲町選挙管理委員会(総務課内)

(住所)〒699-1592 島根県仁多郡奥出雲町三成358番地1

(電話)0854-54-2505 (FAX)0854-54-1229

期日前投票宣誓書兼請求書(PDF/51KB)

不在者投票宣誓書兼請求書(PDF/94KB)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページを見た方はこんなページも見ています

    お問い合わせ

    役場 総務課
    電話番号:0854-54-2505
    FAX番号:0854-54-1229

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページの内容は参考になりましたか?