メニューにジャンプコンテンツにジャンプ

死亡野鳥を見つけたら

最終更新日:2019年4月1日

  • 野鳥が死んでいるのを見つけたときは、素手で触らないようにしましょう。
  • 同じ場所でたくさんの野鳥が死亡していたり、死亡している野鳥が調査対象の鳥類の場合には、お近くの農林振興センターや役場にご連絡ください。
    連絡いただいた内容を判断して回収に伺います。

注:以下の場合は回収を行いませんので御承知ください。

  1. 調査対象種でない野鳥の場合(スズメ、カラスなど)
  2. 対象種であっても衝突死など高病原性鳥インフルエンザ以外の死因が明らかなときや、死後日数が経過し、腐敗又は白骨化して検査ができない場合

注: 上記の回収を行わない場合には、死亡した鳥を素手で触らずにビニール袋に入れ、きちんと封をし廃棄物として処分されるようお願いします。

  • 死亡している野鳥を見つけても、直ちに高病原性鳥インフルエンザを疑う必要はありません。
  • 鳥インフルエンザウイルスは、感染した鳥との濃密な接触をするなど特殊な場合を除いて、通常では人に感染しないと考えられており、日常生活においては過度に心配する必要はありません。
  • 野鳥や野鳥の排泄物等に触れた後は、必ず手洗いやうがいをしましょう。
  • 水辺等に立ち寄って、糞を踏んだ場合は、念のために靴底を洗いましょう。

お問い合せ・死亡野鳥発見時
 役場農業振興課 農業生産グループ
 電話 54-2513
 有線 31-5286

このページを見た方はこんなページも見ています

    お問い合わせ

    役場 農業振興課
    電話番号:0854-54-2513
    FAX番号:0854-54-0052

    このページに関するアンケート

    このページは見つけやすかったですか?
    このページの内容はわかりやすかったですか?
    このページの内容は参考になりましたか?