あ ゆ み
昭和22年 4/1学制改革により布勢、三成、亀嵩、阿井、三沢に新制中学校が設置される
昭和30年 4/15町村合併により仁多町が発足し、それぞれ仁多町立中学校となる
昭和46年 4/1条例改正により、布勢、三成、亀嵩、阿井、三沢の5つの中学校を名目統合し、仁多町立仁多中学校として発足。各中学校をそれぞれ校舎とする。直ちに教育目標設定委員会を組織し、教育環境調査を経て教育目標を設定。   4/26校舎予定地の測量並びに地質調査   9/6第一期工事起工式
昭和47年 6/1第2期工事着工   7/20第1期工事完工   9/27仁多中学校校章・帽章・徴賞を制定   12/25第2期工事完工   3/10屋内体育館完成   3/22校舎移転作業開始   ◎校舎施設のマスタープラン策定   ◎スクールカラーの制定(深青色)   ◎校歌の制定   ◎校旗の制定     
昭和48年 4/1仁多町大字三成1634番地7に実質統合により、仁多町立仁多中学校が生徒数610名、教職員33名の組織をもっ て発足発足   4/11開校宣言(岩田 仲町長)。同日、「第1回入学式」を屋内運動場において挙行(入学生198名)   6/18国旗掲揚台完成、VTR装置設置   6/22アナライザー教室完成   6/25仁多中学校竣工式を挙行   7/15第1回仁多中学校PTA総会   10/3岩石園作業開始   10/17〜18第1回学園祭を「創造」をテーマに開催。以後「前進・協力・調和・充実」をサブテーマとして、学校、PTA、生徒会の三者共催で実施   10/29学校緑化マスタープラン作成   11/1牛乳給食開始   11/13仁多中学校出発を記念して全戸一本一草(一戸一株)運動始まる(昭和50年度まで)。岩石園完成   11/30ボイラー火入れ式   1/23ダイヤル式電話となる   3/1屋体ステージ幕・緞帳取り付け
昭和49年 4/2バラの小径完成   4/3新入生1日入学(以後定着)   5/22グリーンベルト作業着工(6/8完成)   9/30校門・自転車置場完成   10/24第23回仁多郡教育研究大会会場校   11/27思索の森完成   12/20教職員住宅着工(4棟)
昭和50年 5/24大和紡バレーチーム来校し練習を公開   6/17西門門柱据付完了(旧三成中学校校門を移転)   7/15テニスコート完成(4面)   7/23公衆赤電話設置・隣接地に町営プール完成(25m)   7/26県総体テニス会場(主管)   10/30横田高校5学級から1学級増に決定(51年度から)   2/23特活、学級経営研究発表会開催(学校教育目標の具現化をめざして)   3/26図書室の拡張及び保健室の拡張、会議室の新設
昭和51年 4/23学校林植樹(第6回島根県造林推進大会植樹祭を本校で挙行)、3年生学校造林作業   6/入学記念植樹(以後毎年入学記念として植樹、花壇設置   7/23庭石運搬配石作業開始   7/30親子研修(江津少年自然の家)   8/17登校路舗装開始   9/72年生、修学旅行中に豪雨に遭遇   12/10グラウンド拡張工事開始   ◎第1回ブラスバンド部定期演奏会開催(三成小学校体育館。以後、定着)
昭和52年 4/20狂言鑑賞会   5/9仁多中学校教育後援会設立総会   6/1第2グランド拡張工事開始   8/22ラジオ体操全国放送会場校   11/1開校5周年記念式典(兼新制中学校発足30周年記念)を学園祭に併せ挙行。また、郷土自然植物園開園式を挙行。郷土自然植物園完成(指導 丸山巌先生)   3/6LL教室新設テープカット式挙行
昭和53年 4/1ボランティア協力校(町社会福祉協議会指定)   5/9観劇(ビルマの竪琴)   5/24第2グランド夜間照明設置   6/24家庭訪問始まる(以後定着)   7/15造林下刈作業(全校生徒・職員・PTA振興部)   7/22親子教育キャンプ   10/13仁多郡教育研究大会会場校(社会・音楽・英語・道徳の授業を公開)  
昭和54年 6/17炭焼き窯完成(製炭授業開始)   7/14学校林下刈り作業   7/17観劇(泥かぶら)   9/旧第2グランド整備。グランドは運動公園へ移管し、ホッケー場造成工事が始まる   9/ビデオ関係機器の充実   9/20校内ロードレース大会始まる   10/12製炭を通しての体験学習始まる
昭和55年 4/1ボランティア活動研究指定校(県社会福祉協議会3カ年指定)   10/28シンボルゾーンに町の木「けやき」植樹(阿井産。樹高28m)   11/4町の花「石楠花」園完成(猿政山に自生した石楠花)   11/6〜7第21回島根県教育研究大会会場校(公開授業。英語・音楽・道徳。運営補助に生徒が活躍。県下より670名余参加)   11/渡り廊下融雪装置完成   3/15シンボルゾーン完成(けやきの植樹、しゃくなげ園)。完成を記念して「凛々しく気高く」の記念碑を建立   2/18仁多中発足10年を迎え、校則全般の見直しにより「質実剛健」の気風のもとに短髪実施に踏みきる(56/4/1より実施)
昭和56年 4/1新教育課程実施(「ゆとり教育」「3年生選択授業」の実施)   4/1短髪実施   8/「くにびき国体」のリハーサル大会「全国実業団ホッケー選手権大会」に1・2年生が補助役員として活躍する   2/91年生スキー教室始まる   ◎生徒手帳に「こんな生徒に」の一文が加わる   ◎隣接するホッケー競技場が完成
昭和57年 6/16国体式典リハーサル   7/10学校造林下刈り   9/25第10回学園祭の開会式に国体の採火を挙行   10/4〜8くにびき国体ホッケー会場(職員、全校生徒が役員、補助員として協力。サルビア・マリーゴールド会場を飾る。なお、国体の火「仁多の火」の採火は学園祭開催式の中で行う)   12/18仁多中学校実質統合10周年記念式典挙行(事業として同窓会誌が発行された)
昭和58年 4/15屋内運動場木床改装   7/22石見総体豪雨のため中止   11/16バラ園の改造   12/17校舎下湧水処理   3/15ステージ幕改装(一文字、袖幕、後幕、緞帳)
昭和59年 5/18第3種公認陸上競技場開き   5/20出雲地区陸上競技大会(三成運動公園)   9/17〜20修学旅行に半日の班別見学を取り入れる(京都・奈良公園)   10/23仁多郡教育研究会会場校(公開授業、国語・社会・数学)   12/13椎茸栽培体験学習始まる(3年生。3カ年計画)   2/7 実習用製炭窯竣工   2/12〜製炭体験学習始まる(森林組合企画。2年生)   
昭和60年 5/1勤労生産学習でメロンのハウス栽培開始   8/メロン祭り(仁多町メロン祭りとして本校で実施)   10/22文部省指定中学校機器利用英語教育研究発表大会を実施   11/9講演会「未知への航海」堀江謙一氏   ◎学校行事などの改善を図り、生徒の主体的な取り組みを生かした卒業式、入学式、修学旅行、学園祭などが定着。また、勤労生産学習が推進された(椎茸栽培、製炭学習、メロン栽培など)
昭和61年 10/17県造形教育研究大会(郡内が会場)   10/30椎茸栽培開始(1年生)   11/28シンボルゾ−ンに2代目「けやき」再植樹及び記念式典挙行
昭和62年 4/教職員男女更衣室、シャワー室、女子トイレ完成   5/14中学生芸術鑑賞教室で二期会合唱団と共演   5/19出雲地区陸上大会会場   7/23〜24県総体剣道会場   8/6メロン祭り   10/3開学15周年記念式典(学園祭特別企画。講演「私の歩んできた道」青戸真太氏。開学15周年のしおり発行)   10/18学校保健統計文部大臣表彰
昭和63年 5/12英語指導助手(AET)メイン氏着任   6/1観劇(ビルマの竪琴)   6/27焼却炉新設   10/25仁多郡教育研究大会会場校(理科・体育の授業を公開。研究発表・特別活動。記念講演 片岡徳雄広島大学教授)   10/26椎茸菌植菌   11/4講演会(浜田隆士東大教授「化石のロマンを求めて」   11/17航空写真撮影   11/24製炭学習   12/女子生徒用更衣室の新設(屋体下ピロティー)、屋体・技術室屋根塗装
平成 1年 4/1文部省指定武道指導推進校(3年間)として取り組む。防具80組、防具収納棚設置   5/理科備品の充実   6/図書室改造   11/10出雲地区新人剣道大会主管   12/男子更衣室新設   3/読書の広場を新設(卒業記念として)
平成 2年 5/20出雲地区中学校陸上大会主管   7/ 9芸術鑑賞(東京アーバンブラスアンサンブル)   9/18英語指導助手(AET)ジリアン・ホール氏着任   12/コンピュータ室整備(コンピュータ22台導入。視聴覚教室を改造)   1/19第1回校内剣道大会開催(以後、毎年実施)   ◎体育館防球ネット新装。体育館下ピロティーを舗装し、雨天時の体育利用が可能になる   3/12卒業記念しゃくなげ園完成   3/開学20周年記念卒業生名簿の発行
平成 3年 5/ブラスバンド楽器更新始まる(年次計画1次。以後5年間)   7/1校舎大規模改修工事開始(1年次。暖房・水道・電気・天井・照明・コンピュータ室の冷房設置ほか)   9/1AETとしてトレーバー・スコット・シータラー氏着任   9/28台風19号の被害によりバス不通。学園祭延期   10/29武道(剣道)指導推進校研究発表会を実施し成功裡に終わる(記念講演 NHKアナウンサー 向坂松彦氏)   1/19真理よしこコンサート   ◎体育館に大鏡設置(トレーニング用姿見)
平成 4年 6/4校舎大規模改修工事開始(2年次。校舎外壁・内壁塗装、屋上防水、美術室・図書室拡張)   6/8鑑賞会(木管四重奏)   8/2開校20周年記念ブラスバンド合同演奏会(仁多中学校・横田中学校)   10/22仁多郡教育研究大会主会場   10/25講演会(東京大学 竹内均先生)   11/20開校20周年記念式を挙行(式典。記念講演 NHK解説委員 西田善夫氏。「開校20年を振り返る」スライド上映)   2/28開校20周年記念卒業記念モニュメント建立(全校生徒、PTA、教育後援会による。第3期卒業生 神田毎実氏制作)   ◎学校教育法施行規則の一部改正により、9月1日から毎月第2土曜日が休業日となる
平成 5年 4/1中学校学習指導要領が改正され、完全実施となる   5/30音楽鑑賞会(マリンバコンサート)   9/1AETとしてジェイ・悟・松田氏着任   11/4県へき地教育研究大会会場校として授業公開、研究発表を行った   ◎校舎大規模改修工事開始(最終年次。体育館屋根及び内部の改修・校舎内床面の張替など)
平成 6年 5/10メロン苗定植(3年)   5/15出雲地区中学陸上開催(三成運動公園)   12/20「岸記念賞」受賞式   3/12岸記念賞記念碑建立(仁多町・教育後援会・PTAにて建立)。記念碑除幕式。   3/15「一人ひとりの心の変化をめざし、よりよい仁多中学校を創る生徒宣言」を宣する。校則の頭髪規定男女とも廃止(全校生徒パネルデスカッション・生徒代表・PTA代表・教員代表などとのデスカッションを経て)
平成 7年 9/1ALTとしてアレクサンドラ・グレイ・オースチン氏着任    9/11学校給食の試行が始まる   9/18学校給食が町内一斉に開始される   9/28学校給食共同調理場竣工   3/25ランチルーム・武道場起工
平成 8年 4/1文部省から同和教育研究校の指定を受ける(平成8〜9年度)   5/1仁多交通通学バス出発式(通学バスの 経営会社が一畑バスから仁多交通に変わる)   7/23〜24県総体剣道会場として主管   10/4ランチルーム・武道場竣工式   10/13武道場竣工記念「仁多町長旗争奪剣道大会」開催(以後、毎年開催)   10/28ランチルーム使用開始   ◎ブラスバンド楽器更新(2次。以後5年間)
平成 9年 9/1ALTとしてローラドーン・ヒートリー氏着任   11/5文部省研究指定校(平成8年度同和教育、平成9年度人権教育)研究発表会(県内外から200余名が参加)   12/20岸記念賞授賞式  3/13岸記念賞記念碑建立(2回目の受賞。仁多町・教育後援会・PTAにて建立)
平成10年 4/1自家用車公務使用が開始   5/9メロン苗定植(前年までは、3年生の体験学習として実施していたが、本年 から園芸部が引き継ぐ)   9/9〜10職場体験学習を始める(3年生。以後、毎年実施)   9/1ALTとしてジ ェフャリー・リー・コンブス氏着任   ◎保健室拡張工事完了   ◎体育館下ピロテーに照明設置   ◎LL教室を改修し、コンピュータ教室として整備
平成11年 4/1TT加配が2名になる。同和教育専任教諭の配置がなくなる   5/16出雲地区陸上大会主管   6/21青少年劇場   7/23〜24県総体剣道主管   10/2ピアノ開き(学園祭に併せて)   ◎エレベーターを設置し、購買を一階東階段横に移転。1〜3階に洋式トイレを新設。校舎内スロープ工事完成   ◎グラウンドピアノ購入(町費。学園祭に併せピアノ開きを行う)   ◎学校前のバス停法面に街灯設置。陳列戸棚新設(卒業記念品など)
平成12年 6/15〜25アジアU16ホッケー大会に、男子1名が全日本選抜チームの一員として出場し、強豪チームと試合をすることにより、技術面や精神面など多方面にわたり貴重な体験をして帰国(シンガポール。8カ国参加。校長 団長として参加)   8/17〜20/第30回全日本中学生ホッケー選手権大会が本町で開催され、選手はもとより全校生徒が大会準備、式典運営、補助役員等として活躍した   8/31ALTとしてサンヤ・ショーンバーグ氏着任   10/6鳥取西部地震(震度6程度)が発生し緊急避難処置をとる。2時間グラウンドで待機。人的被害なし。校舎・体育館などに亀裂が発生するなどの被害が生じた   10/27第41回島根県教育研究大会会場校として英語・道徳の授業を公開した。午後は研究発表、研究協議などの全体会の会場校となる(本校にとっては2度目の開催となる)。   11/14出雲地区新人剣道大会を主管   11/18校内合唱コンクール(学園祭から切り離し実施。以後、単独開催で実施。会場はカルチャープラザ)   12/1「小さな親切」運動本部より「平成12年度あいさつ運動推進校」に指定される   12/9〜10第5回仁多町長旗争奪中学剣道大会は、参加校を四国まで広げて開催   3/9浅春の突然の積雪により通学バス運行不能となり、臨時休校となる(積雪40cm)
平成13年 4/「小さな親切」運動本部より「平成13年度あいさつ運動推進校」として指定される   12/14岸記念賞授賞式(3度目の受賞)   ◎「岸記念賞」受賞記念モニュメント建立(仁多町)。除幕式   ◎ブラスバンド楽器更新(3次。以後5年間)   ◎校舎内各階段に手すりを設置   ◎地域イントラネット基盤施設整備事によりコンピューター40台、CAI(教育支援システム)・サーバーなどを更新   ◎3階L・L教室を多目的学習室に改修   11/自転車置き場横に街灯設置   ◎グリーンベルトの芝の張替(1年次)
平成14年 4/1学校週5日制が実施され、新学習指導要領による教育課程を開始   11/16開校30周年記念式挙行。記念事業として図書室の整備(書架3基、キャレルデスク8台、多目的机5台、図書机5台、椅子46脚、カウンターなどを更新。教育後援会から図書の整備)。開校30周年記念誌の発行(町内全戸に無償配布)   11/下水道敷設工事完成(町下水道に接続完了)   12/図書管理データシステム導入   3/3階多目的室に暗幕設置   ◎育苗小屋を新設    ◎グリーンベルトの芝の張替(2年次)   ◎家庭訪問を夏期休業中に実施するなど授業時数を確保するために様々な工夫を試みる
平成15年

4/学力向上フロンティアスクールに指定され二年間の研究に入る    6/1学校警備に企業警備(機械警備)システム導入   ◎エアコン設置(校長室・職員室・図書室)   ◎グリーンベルトの芝張替(3年次)

平成16年 9/ ALTとして、エミリー・ワトキンス氏着任   11/17平成15・16年度学力向上フロンティアスクール研究発表会開催(数学、英語公開授業(TT、少人数)、授業研究)   ◎グリーンベルトの芝張替(3年次)   3/31仁多・横田両町合併に伴い、校名が「奥出雲町立仁多中学校」となる。
平成17年 7/22〜23県総体剣道の部会場   9/台風14号の影響により、修学旅行の出発を順延・日程変更   11/22学校名名盤の改新(校門・校舎正面玄関)   11/30〜12/9オーストラリアで開催のU16ホッケー大会に、3年男女各1名が日本代表メンバーとして出場(オーストラリア・キャンベラで開催された「インターナショナル・スクールズ・ホッケー・トーナメント」)   12/積雪により、藤棚(S48〜51年度の卒業記念)が損壊   3/9学校旗の改新   3/ 町旗の改新(体育館正面壁)