ホーム > くらし >  > ふるさと納税 「奥出雲ふるさと応援寄附」 > ふるさと納税を活用し、まちづくりに参加しませんか

ふるさと納税 「奥出雲ふるさと応援寄附」

ふるさと納税を活用し、まちづくりに参加しませんか

【重要なお知らせ】

◆平成27年4月1日から、確定申告に係る事務の簡素化を図る、いわゆるワンストップ特例制度が開始されました。現在、ホームページ上で掲載しております様式につきましては対応できるようにしています。なお、特例制度を受けられる方は、一定の基準がありますので、事前にご確認ください。

◆特産品の受取日は、寄附日より1ヶ月以降3ヶ月以内でご指定ください。また、交通事情等により、遅延も想定されますので、ご承知おきください。

◆決済後の返金は行いませんのでご注意ください。

 

奥出雲の今と未来(あした)を応援!

 奥出雲町は緑豊かな山々と清らかな水が流れる大自然の懐に抱かれ、住む人はもちろん、訪れる人がどこか懐かしさを感じる日本の原風景が広がり、世界で唯一日本刀の原料となる“玉鋼”の生産が行われる町です。

  本町は、出雲風土記には「良質な鉄の産地」と記され、日本古来の製鉄技術である“たたらぶき製鉄“に彩られた町で、このたたら製鉄を背景とする景観が、平成26年3月に「国重要文化的景観」として選定されました。 

一見すると、どこにでもありそうな棚田景観。実は、玉鋼の原料となる砂鉄の採取のために千年以上もの昔から昭和の初めまで行われた”鉄穴(かんな)流し”という技法で山を切り崩し作り上げたものです。その跡は、)()田畑として再生され、今は”西の横綱”と称される「仁多米」の生産もなお、私たちの暮らしを支えています。そして、現 在“日本で唯一たたらの  炎”が上がる町でもあります。              

 また、本町は、古事記で語られたスサノオのオロチ退治神話の登場地としても知られ、高天原(たかまがはら)を追放されたスサノオノミコトは鳥髪(とりかみ)(現在の鳥上)の地に降臨し、イナタヒメと出会います。まさに、ここ奥出雲からヤマタノオロチ神話が始まりました。  

この四季折々の風土の中で、人々の暮らしとともに作られてきた自然や文化、そして歴史をはじめとする“奥出雲の宝”を今を生きる私たちが守り、そして、次代に繫いでいくために、これからも私たちは頑張ります。ぜひ、奥出雲町の未来づくりを応援してください。どうぞ、よろしくお願いいたします。

『奥出雲町ふるさと応援寄附』により、応援 いただいた奥出雲町以外にお住まいの方には、お礼の気持ちとして自慢の特産品をお届けしていますので、改めて想いを馳せていただければ幸いです。

 

~奥出雲町ふるさと納税について~

●その1 個人住民税や所得税が軽減されます。   

詳しくは→  ふるさと納税の制度.pdf 

●その2 使い道の指定ができます 

寄附金の使い道を6つの分野からお選びいただきます。

(1) 人口定住・結婚対策に関する事業

(2) 出産・子育て支援に関する事業

(3) 自然環境・環境保全に関する事業

(4) 観光振興に関する事業

(5) 教育・文化・スポーツ振興に関する事業

指定なしの場合は町長が定めた事業に使います

   

●その3 手続きが簡単です。

 ①申込について どちらかお選びください。

A 「ふるさとチョイス」でWebからの申込み こちら→http://www.furusato-tax.jp/japan/prefecture/32343

B 郵便・ファックスを送るだけです。

ふるさと納税 申込み書(平成28年度).pdf 

                                                     

 

②納税(支払い)は4つの中からお選びください。

A クレジット決済【Yahoo!公金支払】 (手数料0円) 

   ※ 「ふるさとチョイス」でWebからの申込みが必要

B ゆうちょ銀行窓口払い (手数料0円) 

   申し込み後、専用用紙をお送りします。最寄りのゆうちょ銀行からご入金ください。

 C 町指定口座への振込 (手数料がかかります。)

   申し込み後、口座情報をお知らせします。

 D 現金書留 (郵送料等必要)

 

●その4 一万円以上の寄附で特産品をお届けします

寄附金額に応じて特産品をお送りします。約70品の中からお選びください。

詳しくはこちら→ ふるさと納税 カタログ(平成28年度).pdf

※特産品の発送は申込みから入金確認までに1ヶ月かかります。発送指定日はご入金より1ヵ月以上3ヵ月未満でご指定ください。

                                                               ●平成27年にご寄附いただき、公表希望の方を紹介いたします

こちら→  公表希望の皆様 H27.1月~H27.12月.pdf