ホーム > 町政案内 > 町政 > 組織別情報 > 教育委員会 > 祝・奥出雲の絲原氏庭園が国の登録記念物に登録されることが決まりました。

組織別情報

教育委員会

祝・奥出雲の絲原氏庭園が国の登録記念物に登録されることが決まりました。

平成30年6月15日(金)に開かれた国の文化審議会の答申により、奥出雲町大谷の絲原氏庭園が新たに国の登録記念物に登録されることが決まりました。

登録記念物の登録は、県内では6件目、出雲地方では初の登録となります。

絲原氏庭園は、たたら製鉄の鉄師頭取も務めた絲原家によって造られ、江戸時代に起源をもち、大正末期にほぼ今の形となったと考えられる庭園です。二つの短冊石を少しずらして平行に並べ、その近くに飛石として臼石を設置する石の配置や、庭木としてキャラボクが多数植栽されるなど、出雲地方独特の意匠を伝えており、このことが造園文化の発展に寄与した意義深い事例として評価されたものです。

庭園に隣接し既に国の登録有形文化財に登録されている絲原家住宅とともに、たたら製鉄で栄えた奥出雲の歴史を偲ばせる貴重な文化財です。

【名 称】 絲原氏庭園
 
【所在地】 奥出雲町大谷856番1