ホーム > 町政案内 > 町政 > 組織別情報 > 教育委員会 > 教育長就任のご挨拶

組織別情報

教育委員会

教育長就任のご挨拶

   このたび、町議会におきましてご同意を賜り、5月25日付で教育長に就任いたしました。新教育委員会制度の初代教育長として、日本一の教育、子育て、社会教育のまちを目指して誠心誠意頑張ってまいります。
 私たちは今、十数年後には現在の職業の半数がなくなる、子どもの数はさらに半分になるという、これまで経験したことがない激しい変化の時代を生きていると感じています。教育委員会の役割は、人生を切り拓ける力を持ち、町の将来を担う人間を輩出し、子育て世代を呼び込める町にしていくことであると考えます。
 まず、最重要で取り組むべきは、学びに対する意欲の向上であり、がんばる力をつけるということです。どのような進路をとる、職業につくとしても、その経験は必ず助けになります。勉強でがんばるもよし、部活動、スポーツでがんばるもよし、趣味でがんばるもよし。そのようながんばりを助け、切磋琢磨できる環境を整え、引き出して参ります。
 また、大学入試改革および小学校での英語教育などの大きな変化、就学前教育の重要性の高まりの中、幼児園から小中学校、横田高校まで一貫したビジョンをつくるとともに、いじめのない、不登校の悩みに寄り添い、障がいに配慮した町に責任をもってしていかなければならないと考えます。一方で、健康長寿社会を迎え、文化・スポーツ・芸術の振興や国際交流にもこれまで以上に力を入れ、生涯を通じて、挑戦できる環境づくりに取り組んで参ります。
 皆さんの意見を聞き、議論をしながら、子どもたち、父母、町民第一の考えのもと 、総合計画を始めとする計画を着実に進めるとともに、世の中が大きく変わろうとしている中、結論ありきではなく、議論すべきものは議論していきたいと考えます。
 最後に、教育を通じて、お年寄りも子どもも一緒に、一生学び楽しく暮らせる奥出雲町を皆さまと力を合わせて実現していく所存でありますので、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、就任の挨拶といたします。

 

 奥出雲町教育長   塔村 俊介  

 

教育長プロフィール
氏名:塔村 俊介(とうむら しゅんすけ)
生年月日:昭和55年(1980)4月13日
奥出雲町生まれ。島根県立横田高等学校、京都大学工学部建築学科卒業。民間企業(株式会社ザイマックス)、公益財団法人松下政経塾を経て、帰郷。奥出雲町議会議員(副議長、総務文教常任委員長等2期8年)および個別指導学習塾(奥出雲塾)を創業の後、奥出雲町教育長に就任。

任期:平成29年(2017)5月25日~平成32年(2020)5月24日