ホーム > 町政案内 > 町政 > 組織別情報 > 教育委員会 > 重要文化的景観について

組織別情報

教育委員会

重要文化的景観について

 奥出雲のたたら製鉄について 

天平5年(733)に編纂された『出雲国風土記』の仁多郡の条に、「諸郷より出すところの鐵堅くして、尤も雑の具を造るに堪ふ(各郷から産出する鉄は、堅くて、さまざまな道具を造ることができる最適な素材である)」と本地域で産する鉄の優秀性が記されています。以来、千数百年にわたり営々と砂鉄を採り、炭を焼き、そして“たたら”を吹き続けてきました。

奥出雲の大地を切り崩し、自然の恵みである砂鉄を採取した跡地は、荒廃させることなく豊潤な棚田に姿を変え、奥出雲の特産品である「仁多米」を生み出す広大な農業基盤として復元していきました。また、山林資源は無秩序な伐採をせず、たたら製鉄が永続操業できるよう約30年周期で輪伐しながら保全するなど、たたら製鉄とともに生きた先人たちは、自然と共生し、持続可能な産業を生み出してきました。

こうした、生業の過程で形成された特徴的な景観が評価され、平成26年3月18日に「奥出雲たたら製鉄及び棚田の文化的景観」として、中国地方で初めて国の重要文化的景観に選定されました。

 

◆ 「鉄師卜藏家とともに歩んだ山村集落と原鈩」の文化的景観

代表的な重要構成要素 備考
棚田 山を切り崩し砂鉄を採取する「鉄穴流し」の跡地に拓かれた水田。
鉄穴残丘 山を切り崩し砂鉄を採取する「鉄穴流し」が行われた際に、墓地や祠などが存在するために流さず残された小山。
旧卜蔵氏庭園 江戸初期(元禄期)に鉄師卜藏家によって作庭された池泉鑑賞式庭園。【奥出雲町指定名勝】
原たたら跡  かつて鉄師卜蔵家の主力鈩があり、その後昭和13年から叢雲鈩として終戦まで操業されたもの。【奥出雲町指定史跡】

 

◆「山懐に拓かれた棚田と羽内谷鉱山鉄穴流し本場」の文化的景観

 
 代表的な重要構成要素  備考
 羽内谷鉱山鉄穴流し本場設備  かつて鉄師卜蔵家が稼業した鉄穴場であったが、のちに鳥上木炭銑工場が引継ぎ、全国最後となる昭和47年まで稼業した鉄穴流し本場設備で、完全な形で保存されている。【奥出雲町指定有形民俗文化財】

 

◆「炎舞い上がる日刀保たたらと鳥上木炭銑工場」の文化的景観

 
代表的な重要構成要素 備考
鳥上木炭銑工場 大正7年に稼業し、国内で最後となる昭和40年まで操業が行われた角型炉。【国登録有形文化財】
日刀保たたら施設

昭和8年鳥上木炭銑工場内に日本鍛錬会によって、日本刀の技術の保存及び原材料を生産するために靖国鈩が建設され、「日刀保たたら」として昭和52年に復活した。

 

 

◆「鉄穴流し跡に広がる棚田と鉄穴残丘」の文化的景観

代表的な重要構成要素 備考
棚田 山を切り崩し砂鉄を採取する「鉄穴流し」の跡地に拓かれた水田。
鉄穴残丘 山を切り崩し砂鉄を採取する「鉄穴流し」が行われた際に、墓地や祠などが存在するために流さず残された小山。
上龍ノ駒たたら跡石造物 石碑には、享保17年の年号のほか、山内(たたら製鉄に従事する人びとの集落)が2か所あったことを示す「上下山内中」や村下の名前、施主卜蔵清兵衛が刻まれる。

 

◆「鉄師絲原家が拓いた大原新田と鉄山山林」の文化的景観

代表的な重要構成要素 備考
大原新田 鉄師絲原家が鉄穴流しの手法を用いて江戸末期に造成した大区画ほ場の棚田【日本の棚田百選】
湯の廻キャラボク 鉄師絲原家旧宅の庭園樹であったと伝えられる県下随一の大樹。【島根県指定天然記念物】

 

◆「鉄師の面影を今に伝える絲原家と鉄穴鈩山内」の文化的景観

代表的な重要構成要素 備考
絲原家住宅  大正13年(1924)に建築された近代和風建築は、鉄師頭取の屋敷構えを今に伝えるものである。【国登録有形文化財】
絲原氏庭園  短冊石を配する出雲流の庭園として知られ、鉄師頭取の佇まいを今に伝える名庭。
陰地たたら跡  本地域でたたら製鉄が盛んに操業されたことを明らかにする17世紀ごろと推定される、たたら製鉄の遺構。【島根県指定史跡】

 

◆「内谷渓谷に佇む鉄師櫻井家と槙原角炉」の文化的景観

 

 

代表的な重要構成要素 備考
櫻井家住宅 かつて鉄師頭取として、たたら製鉄を取り仕切った櫻井家の住宅であり、鉄師頭取の屋敷構え全体を伝える遺構として貴重である。主屋は元文3年(1738)に建築されたもので、この地方の民家のなかでもひときわ大型で、上質なつくりになり、保存も良好であるとともに、御成の座敷は、江戸時代後期の数寄屋風書院の好例を示している。【国指定重要文化財】
櫻井氏庭園 主屋の建築年代(1738)とほぼ同時期の作庭であると考えられ、庭園の主景となる瀑布は、松江藩主松平不昧公来駕の際(1803)に作られたとされている。不昧公はこの庭園を大変気に入られ、この瀑布を「岩浪(がんろう)」、東側の山を「寿宝山(じゅほうざん)」と命名したとされており、櫻井家には不昧公が「岩浪」と記した書も伝えられている。【国指定名勝】
槙原鈩角炉(たたら角炉伝承館) 角型溶鉱炉(角炉)とは、伝統的なたたらの近代化に向け明治期に考案された製鉄炉。従来の粘土製の炉とは異なり連続操業を可能にする画期的技術で、保存されている遺構は、櫻井家が昭和10年から終戦まで操業したもの。
槙原鈩角炉金屋子神社  槙原鈩角炉の金屋子神社で、本鈩の守護神として祀られたもの。
番所橋  近くに番所が置かれていたことから名づけられた橋梁。
内谷川  櫻井家住宅の眼前を流れる河川で、5代目当主の頃(享保の頃)に京都高雄から移植されたとされるいろはもみじが渓谷沿いに群生し、秋には格別の美しさとなる。
鎮守社 もともとは猿政山にあったものを櫻井家が文久年間に移転して建立したもの。【島根県指定文化財】
観音堂  内谷川渓谷沿いに佇むもので、櫻井家が寄進建立した観音堂。

 

 重要文化的景観「奥出雲たたら製鉄及び棚田の文化的景観」のエンブレムについて

奥出雲町では、重要文化的景観の普及・啓発を目的に、重要文化的景観の歴史的背景である「たたら製鉄(ピクトグラム)」を配し、色を奥出雲町のイメージ色(グリーン)とした重要文化的景観のエンブレムを作成しています。

 

奥出雲町横田地域の鉄穴流し跡地に拓かれた棚田のアクセスマップ

重要文化的景観デスクトップピクチャダウンロード

奥出雲の重要文化的景観Movie

奥出雲の重要文化的景観の詳細